転校・引っ越し情報

【引越し】郵便物の転送届けはスマホから5分で手続き完了!「e転居」は書類も不要でお手軽です

めぐちん
めぐちん
こんにちは!めぐちんです。

今回は、引越しの手続きで忘れがちな郵便物の転送についてです。

 

転居届けに必要な書類や方法は?

郵便物の転送には『転居届け』が必要です。必要な書類や方法などをサクッと調べてみました。

すると『e転居』というサービスを発見!インターネットでも転居届けができる事が分かりました。

もちろん郵便局の窓口でもできますが、窓口での手続きの際は本人確認できる身分証明書、旧住所が確認できる運転免許証や住民票などが必要です。

でも『e転居』なら書類不要で、スマホから5分で手続きができちゃいます。何より郵便局に出向かなくていいのは楽ちんですよね。

『e転居』に必要なものはメールアドレス電話番号。

私も実際にこのサービスを利用してみたので、流れをざっくり説明します。

手続き完了から登録まで3~7営業日を要します。引越し先の住所と引越し日が決まったら、ゆとりを持って済ませておきたいですね。

e転居での転居届け手続きの流れ

まずスマホを準備し『郵便局e転居』のページを開きます

このページの「e転居お申し込み」ボタンへと進むと下記のような画面に飛ぶので、手続きをしている本人の情報を入力します

ここまで入力すると、登録したメールアドレスに

「e転居」メールアドレス確認完了のお知らというタイトルのメールが届きます。

そこに

【登録電話番号】 090‐****‐****
【確認番号】 ******(6桁数字)

が記載されています。

この登録電話番号の電話を使い転居届受付センターへ電話をかけ、この【確認番号】6桁を入力し確認作業を行います

これが窓口の書類の代わりになっているものと思われますので、電話を掛ける手間はありますが1分半ほどで済むので頑張りましょう。※通話料は届け人負担です。

この確認が終わってから、メールにある「e転居」転居受付URLから続きへ進みます。

ここからは郵便物の転送をする人の氏名全員分と、転送開始日を指定するだけ。

一度にできる人数は6人まで、転送期間は(転送開始日ではなく)届け日から一年間。

公式サイトe転居

めぐちん
めぐちん
これで完了です!

引越しの準備が1つでも終われば気分的にも楽ですよね。

私も1つクリアできて嬉しいです♪次は何しようかな…。

 

ネットでカンタン申込み!
一番安い料金で引越しを予約できます
引越し侍の予約サービス