お買い物レポ

カールツァイスのレンズを買いました! 【Touit 1.8/32 富士フイルム用】

めぐちん
めぐちん
買っちゃった♪買っちゃった♪

こんにちは!浮かれ気味のめぐちんです。

いつかは買おうと心に決めていたツァイスのレンズ。ついに、買っちゃいました!(何回言うんだっ)

富士フイルムの新商品X-T30の発売日も価格も発表され、予約も始まりましたね。それも気にはなっているのですが、実機を見るまで予約宣言をする勇気が出ずグズグズ・・・。それならば、先にレンズを買っちゃえ!と購入に至りました。

(本当はiPad買うつもりでMacbook売ったんだよ)

初めましてこんにちは Carl Zeiss Touit 1.8/32

届きました!中古だけど箱入りです。初めてのツァイスのレンズ、ワクワクしながら開封していきます。深呼吸して静かにオープン。

めぐちん
めぐちん
初めまして、ど・どうも~こんにちは♪

ツァイスブルーの沼にすっぽりハマってる♡。

袋から出し手に取ってみました。

シンプルなラインとマットな艶がとても上品です。凹凸のないデザインがツァイスらしさでしょうか?これはハマる予感♡

絞りやピントリングがゴムなんですね。中古なので少し汚れがあるけど、ゴムってどうやってクリーニングするんでしょ?

フードを付けてみました

コロリン。この柔らかなライン。少し大き目のフードですが、優しさを感じる外観です。

さっそくX-A1に装着しました

こうなると、やっぱりフードが大きいかな。

X-A1にはフード無しの方がバランスがいい。

うん、こっちがいい♡フレアもゴーストも大歓迎。フードは箱に仕舞っておくことにしました。

ホワイトの可愛さが威圧感をなくし、 ツァイスレンズをつけていても本気オーラが出ない。これは私にとっては嬉しい誤算です。とりあえずのつもりでA1に付けたけど、案外ベストマッチなのでは?と思うほどの組み合わせになりました。

 

めぐちん
めぐちん
うっとり♡

純正よりツァイスを選んだわけ

よく比較対象に挙げられる純正レンズのXF35mmf1.4。これは神レンズと言われるほど評判がいいレンズですよね。でも今回は選びませんでした。

純正よりツァイスを選んだ理由はこの2つです。

まだ使ったことがない

過去に富士フイルムのミラーレスは、X-T10とX-Pro2の2台を使った経験があります。その時に純正のXF35mmf1.4は使用済み。その時は35mmが狭く感じたので売却し、XF23mmf1.4を愛用していました。繊細さはどちらも最高ですね。23mmは少し重かったけど、また使いたいくらいお気に入りのレンズです。

でも、今回は敢えてそのどちらでもなく、まだ使ったことがないツァイスを選ぶことにしました。X-Pro2を使っていた頃ネットで見たツァイスレンズの作例が印象的だったことも大きいです。

5Dの描写と似ている?(試したい)

もう一点決め手となったのが、直感的に5Dの描写に似てると 感じること。

今メイン使いしているカメラは富士フイルムX100Fとキヤノン5D。この2台はどちらも大好きなカメラなのですが、描写が明らかに違うんですよね。写真に統一感がないのが気になっています。どちらかに合わせたいなと思っていたんです。

富士フイルムボディ+ツァイスレンズ=5D 

にならないかな?そんな好奇心もあって一度使ってみたかったのです。なので今回はこちらを選びました。ものは試しですね(*^-^*)

ボディはどうしよう

X-A1が思いの外しっくりきました。

でも最新ボディでも試してみたい。(出た!)

めぐちん
めぐちん
X-A1でしばらく遊んでから、新しいカメラを買うかどうか決めようと思います

いつの日か新しいボディにこのレンズを付けた時、更にこのレンズの良さも、最新ボディの良さも実感できるかもしれませんね。(こりゃ買う気だよぉ)