カメラのいろは(学)

【カメラ選び】購入時に決める4つのポイント

 

めぐちん
めぐちん
こんにちは、めぐちんです。

この記事では、私がカメラの勉強を始めた頃のノートを引っ張り出して、その頃メモしたことを参考に、『どんなカメラを買えばいいか分からない時に考えてみてほしいこと』をまとめました。

カメラが欲しいけど、どれを買えばいいんだろう?と最初は迷いますよね。これは私も同じでした。私の場合は好きな写真家さんの真似から入ったのですが、結局しばらくして買い換えることになったのです。

そこから、これじゃない、やっぱりあっち?。。。と渡り歩くこと10回。(私のカメラ遍歴

そんな経験から、自分に合ったカメラ選びをするために「購入時に考えるポイント」をまとめました。

1.『何を撮りたいか』

まず一つ目のポイントは、シンプルに何を撮りたいか?ということです。

写真のジャンルは幅広いですね。

例えば
  • 子供・家族
  • ペット・動物
  • 料理・スイーツ
  • モデルさん
  • 友達といっしょに
  • お花・植物
  • ストリートスナップ
  • 風景・建築写真
  • 電車・飛行機など乗り物

など。

めぐちん
めぐちん
具体的であればあるほど、自分に合ったカメラを見つけやすくなります。

2.『どんなシーンで使いたいか』

まず二つ目のポイントは、撮りたいシーンです。

撮りたいのは『子供』と決まったとしたら

例えば

撮りたいシーンは?

  • 家で過ごす日常
  • 運動会や発表会などイベント
  • おでかけや旅行

撮りたいのは『お花』と決まったら、撮るシーンは?

  • 旅先で広いお花畑
  • 家の中でマクロの世界
  • 散歩しながら道端のお花をスナップ

 

3.『どこまでカメラを極めたいと思っているか』

三つ目のポイントは、カメラに対する思い。

例えば
  • もうとことん極めて、一生の趣味にするんだ!
  • いえいえ、そこまでカメラは極めるつもりはなくって、簡単にオートでスマホより綺麗に撮れればいい

とかとか。

めぐちん
めぐちん
このニュアンスでもオススメが変わると思います。

4.『カメラに欲しい機能』

4つ目のポイントは、欲しい機能。それが付いているかどうかも選ぶ大きなポイント。

例えば
  • インスタなどSNSにアップしたい人はWi-Fiが欲しい
  • 動く被写体を撮りたいならAF性能
  • 友達や彼氏、家族と自分も一緒に写りたい人は自撮り機能
  • 液晶で見ながら撮りたい or  から除いて撮りたい
  • 内臓フラッシュがほしい or  逆に絶対使わない
  • プリントにこだわる人は必要な画素数
  • 暗い場所で撮りたい人は、高感度性能
  • 手ぶれ補正機能
  • 防水機能が必要(野外での撮影が多い)
  • 動画も撮れる(4k動画が撮れる)
  • 重さはなるべく軽い方がいいとか or 重くても他の機能を重視したいとか

などなどなど。

めぐちん
めぐちん
もし必要な機能がわからないと言う人は、撮りたいもの、撮りたいシーンに合わせて、どんな機能が必要なのかを買う時に質問してみてくださいね。

*まとめ

 

  1. 何を撮りたいか
  2. どんなシーンで撮りたいか
  3. どこまでカメラを極めたいと思っているか
  4. 絶対にほしい機能

 

この4つが違えば、選択するカメラもレンズも違ってくる要素を挙げてみました。

この4つがハッキリしたあと、『どのカメラがいいですか?』ってカメラが詳しい人に聞けばアドバイスもしてもらいやすくなります。

特に『何を撮りたいか』。これが決まらないと分からないですね。

この記事が少しでもカメラ選びの参考になれば幸いです。

次に読むオススメ記事

もう少し掘り下げて『ママカメラ』の選び方について具体的にまとめました。

https://megumimemo.com/recommended-camera-for-mama/

 

 

つぶやき。。。

『何を撮りたいかが重要』

でももしかするとね、カメラが欲しいけど何を撮りたいか決まってない!なんて人もいるかもしれませんね。写真よりカメラをメカとして好き!って人も案外多いと思います。そんな人は自由にコレクションするのも私はいいと思います。

逆に撮りたいものがたくさんあって、全部を満たすカメラに出会えないって人もいるかも?

あとは、写真を撮っているうち後々こだわりが出てきたり、撮りたいものが変化することも大いにあること。その時は欲しいカメラが変わることもありますよね。

めぐちん
めぐちん
そうやっていろいろ試したくなって沼にハマっていくのです

カメラ沼。それも実は楽しかったり?

迷っている時はどれにしようかなぁってワクワクしたりして、それも含めカメラを趣味にするのは楽しいんだと思います。

あと、カメラはあくまで写真を撮る道具!というタイプの人もいますよね。

撮りたい写真が具体的にあって、カメラはそれを表現する道具でしかない!ってタイプの人は、どんなカメラでもその人の世界感が出せたり。

めぐちん
めぐちん
そう考えると、カメラはどれを使ってもいい写真は撮れる。

 

そうそう、カメラ選びって恋人や結婚相手探しに似てるって聞いたことがあります。運命のカメラと出会うまで、いくつか恋愛してみるのもアリかも?。最後、どれを選ぶかはあなたの自由!です。

みなさんに楽しいカメラライフが訪れますように…それでは~。

こちらの記事もいかがですか?