私のカメラ遍歴

【2018】こんなカメラ使っています

めぐちん
めぐちん
こんぬつわ。カメラ沼横町に住んでいるめぐちんです

今回は私の愛機をご紹介してみようと思います。

最初はどのカメラがいいのかさっぱりわからなくて、有名なフォトグラファーさんの真似から始まりました。

そこからカメラ沼にどっぷりハマり、3年間で10回買い換えた【2015-2017】。少しずつ自分の好みがわかるようになり、選んだ2台を紹介したいと思います。

大好きな2台のカメラ

1・FUJIFILM X100F

X100Fは開放の写りがいわゆる「眠い」描写で、これがイマイチという声も耳にします。

でも、私はそ眠い写りこそ好きな部分。ソフトフィルターほどオーバーでもない、絶妙な柔らかな写りがお気に入りです。

 

他にも気に入っている事は。。

ここが好き!
  • 何より柔らかい優しい写り
  • 薄いパンケーキレンズ
  • 明るい単焦点レンズ
  • ギリギリ小さい鞄にも入るサイズ感
  • 寄れる
  • シャッター音が小さい
  • デジタルコンバーター付き
  • ISO感度設定をコマンドダイヤルに割り当てられる
  • NDフィルダー内臓

 

シリーズの中でもX100Fには新たに『デジタルテレコンバーター機能』がつきました。

これによって撮れる画角もグンと増え、さらにテレコン・ワイコンを装着すれば、換算28・35・41・50・58・70・100mmと7種類も画角が使えます

このデジタルテレコン、使ってみるとね本当に便利です!

単焦点レンズなのにズームレンズのような感覚。こんなに薄いパンケーキレンズなのにここまで出来ちゃうなんて、もう一言でいうなら最高ってわけなんです。

めぐちん
めぐちん
日常のスナップや旅先はこれ1台で済ませています。

 

2・CANON 初代 EOS 5D

私は敢えて、初代を使っています。13年も前に発売されたカメラだけどフルサイズカメラです。

 

このカメラの深みのある諧調豊かな描写に、そして少しだけノスタルジックさを感じる写りに魅了されました。

それに余計な機能がなくてシンプルで使いやすいのもお気に入り。

こっちは描写はX100シリーズの柔らかさとは違い、こってりしっとりした深みを感じます。

少しだけでる周辺減光がノスタルジックな表現に繋がっているんでしょうか?

このカメラで撮るとね、たとえピントが合っていなくても失敗作に感じさせない不思議な力があると感じています。

めぐちん
めぐちん
ドラマチックに雰囲気のある写真が撮りたい時はこのカメラの出番です

そして+αで使うのは

鞄にカメラが入っていても『ここでカメラは使えない』というシーンがよくあります。

カメラって本気度が出ちゃうので、どうしても威圧感があるんですよね。そんな時に便利なのは。。。

スマホのカメラ

めぐちん
めぐちん
軽〜い感じで撮るにはスマホがベスト!

そんな時も多々あるので、スマホカメラも使っています。

時々フィルムカメラも使っています

元々カメラを始めるキッカケになったのは父のフィルム一眼レフです。

最近はめっきり出番が減っていますが、父のカメラを見るとカメラを始めた時のワクワクした気持ち蘇るから、使っていなくても大切なカメラです。

久しぶりに使ってみようかな♪

この2台プラスαが今のスタイルです。今はどれもお気に入りです。

 

追記

2019年の年末に、X100Fを手放しました。

【2019年越】ゆくギアくるギア。。残ったカメラ機材こんにちは、めぐちんです。 今日は2019年大晦日。 2019年のカメラ機材の入れ替え記録です ※2019年は...