cameraと機材

カメラ沼にどっぷり、3年間で10回も!?

こんにちはー!カメラ母ちゃんめぐちんです

えっと、今回はカメラ沼にハマった過去の話を書いちゃおうと思います

10回も買い換える人なかなかいないですよね ^^:

でも、一応ね、自分なりの理由があったので書き出してみようと思います

 

では、10回もカメラ買い換えた理由(言い訳)を挟みつつ。時系列で追っていきます

(そんなカッコつけて話す内容じゃないよ)

*FUJIFILM  ナチュラクラシカ

一番最初に手にしたのは、フイルムカメラのナチュラクラシカでした。

このカメラ、大好きな菊池亜希子(モデル)さんが持っていて前から気になっていたんです。写りに味がある、知るひとぞ知る人気のカメラ

実際使った感想は、もう最高でした!バカチョンで使えるし、どこか懐かしい写りがなんとも言えなくて。私が今こんなに撮って出しの写りにこだわるのはナチュラクラシカの写りに衝撃を受けたからかもしれません

ナチュラクラシカは未だに未練があるくらい良いカメラでした。でもフイルムカメラは父のカメラがあるし、あの時の私はこのカメラを売りそれを資金にデジタル一眼カメラを買おうを決めたのです

ナチュラクラシカは廃盤商品で、今でも欲しい人がわんさかいる人気商品。私が買ったころは4万ほどだったかな。今もその価値は下がっていないし、むしろプレミアがついて上がっているほど。だから、買値と売値、損なく売れたんです!←これが沼のはじまり

損をしない

それが、何度も買い換えた理由のひとつになったんですよね

*Sony  NEX-5

そして、それを資金に選んだのがSONY NEX-5

これは、ゆるふわ写真家の山本まりこさんがネットでオススメしていたので選びました。同じカメラを買えば同じように撮れると大きな勘違いをしていた頃ですね。当時すでに型落ちだったので、標準レンズ付きで追い銭なくゲット(某フリマアプリで交渉しましたよー)

このカメラも良かったんです。でも、そのころヨチヨチ動き回るムスメに、ピントを合わせるのがとっても難しくって苦戦。そしていろいろ調べて知ったのが『親指AF』。これがこのカメラでは使えなかったんです

この時、『動きものを撮る時』と『静止物を撮る時に合うカメラ』が違うと学びました

それでブログで交流のあった凄腕カメラママさんにアドバイスをもらったんですが、その人オススメのニコンの一眼レフが欲しくなっちゃったんです

そして、売りました

ハイ、買いました

*Nikon  D3300

このカメラで、親指AFの便利さと単焦点レンズの写りに感動!へーー、カメラだけじゃなくレンズでもこんなに写りが変わるんだ!って。

カメラを勉強していると、カメラ本体よりレンズの方が大事!ってよく聞くけど、こういうことか!と学ぶ(体験して学ぶのが一番わかりやすい)

でも私はそれに気づいてもなお、レンズよりカメラを買え続けちゃったんです

沼にズボズボ。。。ですね

 

このカメラで気になりだしたのが、メーカーごとに違う色味。これはRAW現像が好きな人なら、色は自分で調整すればいいのにって思うかもしれませんね

でも私はこの頃からRAW現像はまったくしていなくて、今でもしていません(これはこれから少し腕をあげたい分野だけど、どうしても気持ちが入らないという)

それで量販店でいろいろカメラを見ていた時、とうとう運命のX100に出会ったのです♡何気にお店で横に居たムスメを試し撮りしたんですよね。そしたらそれがめっちゃんこ可愛く写ったんです。うわっこれこれ!この写り好き!って思ったんですよね

あの時のドキっとした気持ち、今でもはっきり覚えてるなぁ

 

その時はねX100特有だとはわからず、FUJIFILMのカメラがいい!ってなってね。それから富士フイルムの一眼レフはどんなの?って調べたら、残念ながら一眼レフを作っていないって事がわかったんです。なんだぁ残念。

それで一度FUJIFILMのことは諦めて、肌色はCanonも評判が良かったのでNikonからCanonに乗り換える事に

 

*Canon 60D

ここで入門機ではなく、一つ上の中級機の型落ちモデルを選びました

今思えば、このカメラで十分だったんですよね。でも、頭からX100が離れなくて、その頃レンズは単焦点1本のみを使っていた私は、それならレンズ交換できなくてもX100でいいんじゃない?って思ったんですよね

こじつけですよね、ただX100が忘れられなかったんですよね

*FUJIFILM  X100 初代

そしてとうとう、買っちゃいましたX100初代♪

この時はシルバーを使っていて、まず外観がレトロで可愛いって思いました。写りもね、おぉぉぉぉ!やっぱりこれ好き!って♪改めて実感

でも、でも、でもでもでもね。AFがねぇ、おっそい!!!ピント合うまでにジージージーって迷うし、ピピって合いました!っていうても合ってない!ってことが多発

う。。。。ピンボケが多い

室内なんてとくにひどかった(それならマニュアルオートフォーカスの腕を磨けば良かったんでしょうけどね。)

それでね、こりゃダメだってなって次いったのがFUJIFILMのミラーレス

*FUJIFILM  X-T10

ミラーレスがAFが進化した!って言われたモデルの中で入門機的な位置づけかな。AFに期待をして買ったけど実際はまだまだ。。。おまけに、同じFUJIFILMなのになんかしっくりこない写り

結局AFはやっぱり一眼レフには叶わないんだ。子供を撮るには一眼レフがオススメってこういうことかと実感。でもFUJIFILMもカメラも使いたいし。。。と考えたのが、動きものを撮る用のカメラと、写りを重視するカメラの2台体制にしよう

そして、これまで売って買うを損なく買い換えてきたけど、ここで1度目の追い銭。

もうカメラにぞっこんになった私は、その頃ミニマル生活を始めたのもあって、元々そんなに柄じゃないのに若さの勢いで買ったブランド品など数点を売りました

そして、それをカメラにつぎ込みましたー(イタイねぇ)

予算4万→10万へアップ。そして選んだのが

*Canon KIiss X7 + FUJIFILM  X100S

これで良し!

と沼から抜け出そうとしたその時、旦那さんから思いも寄らぬお言葉が

クリスマスプレゼント、フルサイズカメラ買う?』ってーーー!!!

えーーーーー!!!!ビックリな展開

いつか使ってみたいなぁって話したことはあったんだけど、まさか買ってくれるなんて思ってなかったから。自分なりに答えがでたところだったけど、フルサイズを迎えるのに他のカメラは持っていちゃいけない気がして

Canon Kiss X7  +  FUJIFILM  X100S は程なくして手放すことになりました。そして身の丈に合っていないってドギマギしながら買ってもらったのが…

*Canon  EOS5D markⅡ

こんな形でフルサイズデビュー!!!

めぐちん感激ー!!( T_T)\(^-^ )ってなったんですけどね、なったんですけどね。。。

1週間でテンション下がりました。なんか思ってたのと違う(ただ使いこなせてなかっただけですよ)

やっぱり、私はFUJIFILMのX100が好きなのだ ブーブーブーいじけた私は、本当バカタレです

 

でも、こんだけお金使うならアレが欲しい!そんで、旦那さんに正直に話しました

この頃、X-T10より進化していたFUJIFILMのミラーレスのAF。知ってはいたものの予算的に視野に入っていなかったX-Pro2に変えたい!!と

そしたら、あっさり、そうしたら?って言うてくれたんですーーー 泣

1週間でフルサイズさようならー 。。。このチェンジは胸が痛かった。我ながらやってしまった過去です

*FUJIFILM   X-Pro2

これと一緒に買ったレンズはXF23mm1.4。この組み合わせは、X100に負けないくらい最高でした!AFもずいぶん進化していて、これなら動いている子も撮れる

うん、見つけた!って思いました

 

そこから1年このカメラを使い続け、たくさん撮りました

このカメラを使ううち、だんだんマニュアル設定で撮るようになりました。そんな中、一つ出てきた大きな不満

それは『ISO感度のダイヤルの回しづらさ』

それくらい!!!って部分かもしれないけど、サッと切り替えたいときに持ち上げて回すタイプのダイヤルが少し煩わしく感じていたんですよね

でも、それ以上にX-Pro2を気に入っていたので使い続けていたんだけど

知ってしまったんです☆

私の大好きなX100の最新モデルが、ISO感度をフロントにあるダイヤルに割り当てられるってことを

えーーーー!おまけにデジタルコンバーションもついてる!って!!

 

X-Pro2で使っていたレンズは23mmと56mm。確かに写りは満足していたけど、X100Fはもっとコンパクトに私のほしい画角もカバーできるやん!って

もうこれは元々X100ラブだった私には止められませんでした

そして、今の2台のカメラにたどり着く。

*FUJIFILM X100F + Canon 初代 5D

こんなにも遠回りをしたけど、今は本当この2台のカメラが大好きです

撮るたびに、やっぱりこのカメラにして良かったって感じながら撮っています

*まとめ

買い換え理由だけを書き出してみると

 

フイルム→デジタル→親指AF→メーカーの色→AFのスピード→

色もAFも両方満たしたい→フルサイズ購入→予算アップ→理想のカメラにたどり着く

 

こう見ると私がこだわったのは、AF性能と色味やったんやなぁ、と改めて気づくことができました ^^

 

あと、最新のクリアな写りより、味のある写りがツボなんだって

こうやって記事にしてみて、自分のカメラ・写真への好みを分析するいい機会になりました♪

 

10回買い換えた中で、唯一新品で買ったのがX100F

それまでは、型落ちの中古をなるべく安く安く手に入れ、なるべく高く高く損をしないように売る(オークション・フリマアプリ、マ◯◯カメラで)

これは鉄則でした

中古でなら、意外と買い換えに追い銭はかかりませんよ

って沼に誘導しちゃいけませんね ^^:

 

学びもたくさんあったとは言え、これはやりすぎましたぁ。カメラより腕を磨きなさい!って天から声が聞こえてきそうですよね。でも新商品が出るとね、ついつい気になる生活は続いております。あぁ、今度はあれが欲しい。。。(T . T)沼って本当深いなぁ