スタディ

ママにオススメ!一眼レフのテクニック【親指AF】

こんにちはー!カメラママのめぐみん(@_megumimemo)です

この記事では動く子供を撮る時にオススメの便利なテクニック親指AFについてお話します

私がカメラを始めた頃一番につまづいたのが『動く子供を撮ること』でした。そんな時に知ったのがこの親指AFというテクニック

じっとしてくれない子供にピントを合わせるのってホント難しいですよね!でもこの親指AFを使えば、ピントが合う確率はグンっとアップしますよ♪

知ってる方も多いと思いますが、私のように知らずに苦戦している人もきっといるはず。そんなビギナーカメラママさんに1人でも多く知ってほしい!そんな思いを込めて書いていきます

※最後にはそれ以外の手法も説明していますので、よかったら参考にしてください

機種によっては親指AF機能が使えないこともあるのでチェックして下さいね

まずは親指AFとは?

 

親指AFとは?答えをはじめに簡単に言ってしまうと、親指でAF(ピント合わせ)をするテクニック

これ、ふざけてないですよ 笑 本当です

 

では少し話は反れますが、そもそも論です

『みなさんはピントを合わせる時、どうやって合わせていますか?』

何も設定しない時は、シャッターボタンを半押ししてピントを合わせるという方法が一般的ですね

 

では改めて、親指AFをもう少し詳しく説明すると

シャッターボタンのAF作動をOFFにして、カメラの背面にあるボタンにAF作動を割り当て、そのボタンを親指で押してピントを合わせる手法のことをこう呼ぶんですね

 

カメラを持つと、こんな感じ!

 

具体的な設定方法は使っているカメラによって違うので、『機種名 親指AF』で検索してみてくださいね

私が使っているCanon 5Dでいうと、『米』マークのボタン、ここにAFを割り当てることができます

こうすることで、シャッターとAFを別々のボタンで操作できるようになるんです

それがどした?って思いました?

そうするとね、撮る時の動作が変わり、シャッターを切るテンポが早くなるんです

 

これだけでは分かりづらいので、実際にシミュレーションをしてみようと思います。少し想像力を働かせて読んでみてくださいね ^^

親指AFを使って動く子供を撮るシミュレーションをしてみよう

具体的にシミュレーションしていきますね

カメラの設定は親指AFと、もう1つのポイントとなるピント合わせモードをAF-C(AIサーボAF)モードに設定します

【ピントの合わせモードの種類】

  1. AF-S(シングルオートフォーカス);ピピ!と一度合うと、そこでピントが固定される
  2. AF-C(コンティニュアスオートフォーカス);ピント合わせボタンを押している間ずっとピントを合わせ続ける
  3. MF(マニュアルフォーカス);手動でピントを合わせる

注;この3種類はだいたいのメーカーで似たモードがありますが、呼び名が統一されていません。FUJIFILM、Nikonは上記表記。CanonはAF-S=シングルAF、AF-C=AIサーボAFと言う名前になっていますよ。わかりづらいので統一してほしいですね

動く子供を撮ろう!というときは、この中で言うAF-Cにしましょう(Canon;AIサーボAF)

親指AFとAF-C設定ができたらシミュレーションスタートです!

 

〜ここからシミュレーション、スタート!!〜

まず、子どもに動き回ってもらいましょう

親指でAFボタンをずっと押し続け、子供がフォーカスポイントに入るように追い続けます

そして、シャッターチャンス!という時に、シャッターを切る!

シャッターは半押しはしなくていいんですよ

一気にカシャ!っと押してください

ピントは背面ボタンを押し続ければずっと合い続けます

なので、シャッターチャンス!と思ったら、親指は離さずシャッターを切る!

  1. ピントは親指で背面のボタンを押し続ける
  2. シャッターは人差し指で前面のボタン

くどいけど、持ち方はこう↓です!

【半押しでピントを合わせて撮っていたとき比較】

半押;ピピ(合点)!カシャ(撮る)!ピピ!カシャ! というツーアクション

親指AF;カシャ!カシャ!カシャ!カシャ!というワンアクション

このワンアクションなくなったことが、かなり大きいんです

半押しだとシャッターを切るたびにピントがリセットされるため、ツーアクション

親指AFを使うと、2つの機能を切り離せるのでピントはずっとキープできる

そうすることでピントの失敗も減るし、このワンテンポ早くなることでシャッターチャンスを逃しにくなるんです

 

どうですか?伝わりましたかー???良さげでしょ?(えっ!わかりづらい?)

 

でもね、残念ながらこの方法が有効なのはあくまでもAF-C(AIサーボAF)機能が優れているカメラの場合。もし、カメラのAF-C(AIサーボAF)の性能が悪かったらこの方法でもなかなかピントが合いづらいんですよね(それができたらもうプロ!?)

 

ざっくりと一眼レフというくくりのカメラならこの方法で大丈夫!

新しいミラーレスも上位機種はかなり一眼レフのAFに近づいているとは思いますが、このAF-Cだけで考えると一眼レフの方が優秀だと私は思っています

じゃあ、AF-C性能が弱いカメラの時はどうするの?というお話をこれからしようと思います

AF-C性能が弱いカメラで動く子供を撮るときは?

※これは、私がしている方法です。ベストかどうかはわかりませんが参考まで

*置きピン

また新しい用語が出ましたが、置きピンとは?

ハイ、簡単に言うと

ピントを一点に置く(合わせる)ことです!

 

ただ、これを子供に使うのはマレなケースかもしれません

というのは、置きピンは撮る場所を先に決める方法だからです

普段の子供の動きなんて、なかなか予測できませんよね。『ここに来てー!』って言ってもなかなか思うように行かないのが子供です ^^;

 

少ないですが置きピンができるシーン。私が特にオススメするのは運動会です(あとブランコも使えます)

運動会だと走るコースが決まっていますよね。だから、撮る場所を先に決めることができるんですよね

例えばゴールの前、コーナリング、スタートなど。どこでもいいのでここで撮る!と決めてしまいます

その決めた場所にピントを合わせて(置きピンをして)あとは待ちます

そして、そこに子供が来たタイミングでシャッターを切る!

これが置きピンという手法です

この狙った場所に子供が来たらシャッターを切る!というのが難しいけど、そこは練習ですね♪

【置きピンのカメラ設定は2通り】

カメラの細かい設定はメーカーの取説を参考にしてくださいね。ここには何を設定するかという内容を書いておきます

  • 親指AFでフォーカスモードはAF-Sに設定→狙った場所に親指でピントを合わせたらあとは親指は触らない→カメラも固定(立っている場所から動かない)→子供が来たらシャッターを切る
  • MFモードで手動で狙った場所にピントを合わせる→カメラ固定→そこに来たらシャッターを切る

*顔認識設定

これは本当に技術を磨きたい人にはオススメできない機能なのですが、いいんです!我が子のかわいい写真を残すためなので、便利な機能は是非使いましょ!(腕を磨いている間に子は成長します)

 

顔認識とは、顔を見つけて四角い枠で顔を追いかけてくれる機能ですね

お使いのカメラにこの機能はありますか?最近ではスマホカメラでも付いていますね。これが付いていたら、ぜひ使いましょ♪

私がお気に入りのFUJIFILMのX100Fも親指AF設定はできるんですが、AF-Cの機能が弱いんです。でも子供を撮るカメラとして使えているのはこの顔認識モードのおかげ

この顔認識モードを使えばピントが合う確率はかなり上がります

ピントと同時に顔に露出も合わせてくれるので、明るさの失敗も減るし使わない手はないですよね

 

腕磨きは別の機会!と割り切り、気軽に撮る時はこのモードがオススメです

まとめ

【動く子供を撮る方法】

  • 親指AFとAF-C(AF-C性能が優れているカメラ)
  • 置きピン
  • 顔認識設定

 

いかがでしたか?以上が私が動く子どもを撮る時の方法です

ベテランさんからするとありがちな方法ばかりですが、ママ目線でまとめました。少しでも参考になれば嬉しいです

https://megumimemo.com/recommended-camera-for-mama/