お買い物レポ

『ほぼ日5年手帳』が私のお気に入り

今年は久しぶりに手帳を買おう!そんな気分になり、あれこれ探していました。

めぐちん
めぐちん
いい手帳が見つかったよ♪

私のお気に入りになった『ほぼ日5年手帳』。

5年・・・長いかな?初めはそう思ったんです。でも手に取って中を見た時「これはオモシロい!」と思いました。

そんな「ほぼ日5年手帳」の私の心をつかんだポイントをお伝えしていこうと思います

質感・外観がツボ

『ほぼ日5年手帳』にはサイズがA5・A6の2種類。私が買ったのは小さいA6タイプです。

まずは、この小さな辞書のようなしっとりした質感と、オジさん風味でシンプルな外観。これが私のツボでした。

余計なものが何も書かれていなシンプルな黄色い箱に入っていました。

開けると何やらカワイイ紙。シンプルでおじさん風味な中に、ちょっぴり可愛さがある。それがまた私のドツボポイントです。

そして、ペンの試し書きをするための用紙まで入っていましたよ。紙とペンとの相性ってありますもんね。これは素敵な心配り。こういう作り手の想いを感じると、この手帳を大切に使いたい と情が湧いてきます。。

見た目は辞書みたい。紙も薄すぎず厚すぎず ちょうどいい。

そんな質感・外観も私の好みだったのですが、一番の魅力はココから?

ほぼ日5年手帳の最大の魅力

中をじっくり見ていくと、私の想像していた様式と良い意味で違っていたんです。

どうなっていたかと言うと・・・

分かりますか?

日ごとに5年分の書く欄が1ページにまとまっていたんです!

これが私がワクワクした最大の魅力です。来年、同じ日に去年のメモを振り返ることができるんですよね。

これは楽しそう!そう思いました。

後方には、年ごとのフリーページ

戴き物をメモできるページ・6人分の住所録

マイリストページ

ほしい物リスト・やることリストなど使い方は自由ですよね

無駄がないなと感じます。

私の使い方

スケジュール帳としても日記帳としても使えそうなこの手帳。みなさんなら何を書きますか?そんなことを考えるのも楽しいですよね。

私の使い方はというとその日の一番印象深かったこと』をメインに書いています。イラストも添えて。未来のスケジュールは小さく簡潔にメモ程度。

おでかけしたこと、食べたもの、子供との出来事など。ジャンルは絞らず、直感で残したいと思える出来事を簡単に書くようにしています。

右半分はフリーページになっているのもお気に入り。そこには閃いたことや書ききれなかった残したいメモなど、気ままに何でも書き込んでいます。

 

 

私は「思い出」を刻んでいくのが好きなので、この手帳がツボにはまったんだと思います。そんな私のお気に入りとなった「ほぼ日5年手帳」。これから長いお付き合いになりそうです。

5年後、どんな生活をしているのかな・・・