カメラのしくみ

③【シャッタースピード(SS)】写真のブレ

SSとブレを学ぶ

こんにちは、めぐちんです

『カメラを学ぶ』シリーズ。カメラの○○を操作すると写真の何が変化するの?を見ていきます。前回は『カメラのF値(絞り値)を操作すると、写真のボケ味が変化する』というお話でした。そして今回は・・・

  1. F値(絞り値)
  2. シャッタースピード(SS)
  3. ISO感度
カメラちん
カメラちん
2番のシャッタースピード(SS)について学びます
めぐちん
めぐちん
さっそくいってみよう!

シャッタースピード(SS)とは

【シャッタースピード(SS)】とは?

フィルムやセンサーに光を当てる時間の長さ

(※またはシャッターが開いている時間)

〜カメラの仕組み〜

カメラの中にレンズの穴から光を入れる。→フィルムやセンサーに光が当たる。→フィルムやセンサを通して光から写真ができあがる

この工程の「フィルムやセンサーに光を当てる」その時間の長さがシャッタースピード。

遅い← …1秒、1/2秒、1/4秒、1/8秒、1/15秒、1/30秒、1/60秒、1/125秒1/250秒、1/500秒… →早い

カメラちん
カメラちん
シャッターを切った時の音が、カシャン‼️って速いときと、カッ…シャンって遅いときがあるよね
めぐちん
めぐちん
あるある!。あのスピードの違いのことだよね

 

カメラちん
カメラちん

露出を決める要素としては…

F値は、光を通す穴の大きさで光の量を調節するのに対して、

シャッタースピードは、光を通す時間で光の量を調節する役割だってこと

 

めぐちん
めぐちん

光を通す穴の大きさ時間!それを組み合わせて光の量を調節してるんだね。なるほど!

だんだん分かってきたぞぉ

カメラちん
カメラちん
ちなみにね、シャッターって名前はカメラに付いているボタンのことだと思ってたら違ってた!あれはシャッターボタン。シャッターはまた別にあったから図に書いて説明しておくよ。

※カメラを横から見た図

レンズの穴から通った光がフィルムやセンサーに向かってまっすぐ伸びる。それを『シャッターが遮ってスタンバイ』そして、シャッターボタンが押されるとシャッタースピードの時間だけこのシャッターが開いて光を当てるという仕組み。

 

めぐちん
めぐちん

へーーーっ、あのボタンのことじゃなかったんだ?

シャッターボタンのスピード…ってイメージ湧かなかったけど、これなら分かる

じゃあ、このシャッタースピード(SS)を調節すると写真の何が変わるか。それはブレ。ブレにもカメラを持っている手がブレる「手ブレ」、被写体が動いてブレる「被写体ブレ」がありますが、意図しないと失敗になるブレ。でも意図的にブレを利用する撮影もあるのが面白いところ。SSを速くすると動いている物が止まっているように撮ることもできます。

 

カメラのSSを操作すると、写真のブレが変化する

ではシャッタースピードを変えて撮った写真を見ていきます。

シャッタースピードの変化と写り方の違い【サンプル写真】

シャッタースピードは動きのあるものを撮影した方が違いがわかりやすいので、作例として「カメラちんがドライブしているところ」を撮影してみたいと思います。

同じ速さのものをシャッタースピードの設定を変えて撮影するとどうなるのか見てみましょう

  1. 速くシャッターを切った時の写真
  2. ゆっくりシャッターを切った時の写真

この2パターンを連写で撮影し、その中の4枚ずつを並べました

速くシャッターを切った時

【シャッタースピード=1/250秒】

ゆっくりシャッターを切った時

【シャッタースピード=1/15秒】

この写真を見るてみると

 

めぐちん
めぐちん

シャッタースピードが速いとカメラちんが止まって見える。

けど、ゆっくりの時はブレブレ

 

 

カメラちん
カメラちん

うん、同じスピードでドライブしているのに写真は全然違うね。

止まってる方が被写体がよく見えるけど、ブレてるのも動感がある。

動きの速いもの、例えば電車や鳥、スポーツしている人、川や海の水の流れなど。そういう動体を撮影する時はこのシャッタースピードで写り方が変わってくるということ。敢えてゆっくりシャッターを切って被写体をブレさせて楽しむ撮影もあるので、いろいろ試してみると面白そう。

あ!あと、ゆっくりシャッターを切る時は三脚があるといいですね。

まとめ

シャッタースピード(SS)は、フィルムやセンサーに光を当てる時間の長さ。またはシャッターが開いている時間とも考えられます。

SSを調節すると…

  1. 時間の長さで、フィルムやセンサーに当てる光の量を調節することができる
  2. 動体の動きを、意図的に止めたりブレさせたりすることができる。

シャッタースピードの役割は大きくこの2つです。

次回の用語は

ではでは、次回は…露出を決める3つの要素

  1. F値(絞り値)
  2. シャッタースピード(SS)
  3. ISO感度

いよいよ最後の3番、ISO感度(イソ感度)についてです。

ISO感度とノイズを学ぶ
④【 ISO感度】写真のノイズこんにちは、めぐちんです 『カメラを学ぶ』シリーズ。カメラの○○を操作すると写真の何が変化するの?を見ていきます。前回はシャッター...

この記事の使用カメラ