スタディ

カメラ用語④【 ISO感度】と写真のノイズ

こんにちは、めぐちん(@_megumimemo)です

カメラの『スタディシリーズ』。写真を撮る上でとっても大切な露出(光の量)。それを決める大きな要素になる3つの用語についてお勉強してきました

  1. F値(絞り値)
  2. シャッタースピード(SS)
  3. ISO感度

F値とSSに続き、この記事ではいよいよ最後の『ISO感度』です

カメラちん
カメラちん
これアイ・エス・オー・カンドって読むの?
めぐちん
めぐちん
う〜ん

それも間違いじゃないみたいだけど、日本ではイソカンドって言う人が多いみたいよ。

カメラちん
カメラちん
どっちも間違いじゃないのかぁ…
めぐちん
めぐちん
そう、カメラちんの大好きな自由だぁ〜ってやつだね。
カメラちん
カメラちん
ひょ〜い、自由最高ぉー!やる気出てきたよっ

よし、さっそくISO感度についていってみよう〜

ISO感度(イソ感度)とは

【ISO感度(イソ感度)】とは?

フィルムやセンサーが光を感じる度合い

写真のノイズに関係する。

カメラちん
カメラちん
???( ・∇・)なんかムズカシイよ
めぐちん
めぐちん
うーんとね…

光に、敏感になったり、鈍感になったり、するの…。

どう?ピンときた?

  • 光に敏感=高感度→光の量が少なめでも撮れる
  • 光に鈍感=低感度→光の量ががたくさん必要

低感度 ←…ISO100・200・400・800・1600・3200 …→高感度

高感度の特徴

➕;感じやすいから少ない光で撮影できる(暗い室内など)

➕;F値を大きく(ボケを減らす)、SSを速く(ブレをなくしたり)することができる

➖;ざらざらしたノイズが入りやすい

低感度の特徴

➕;画質が滑らかで、ノイズが入らない

➖;光の少ない場所ではブレやすい(SSが遅くなる)

ISO感度=光に敏感になったり鈍感になったりする

 

めぐちん
めぐちん

じゃあ、実際にISO感度を調節しながら写真を撮ってみよう

カメラちん
カメラちん

うん、どういう効果があるのか楽しみ〜

ISO感度の変動と写りの違い【サンプル写真】

めぐちん
めぐちん

今回の撮影会は、カメラちんとえびふらいのしっぽちゃんのティータイムです

ISO感度が直接的に影響するのは画質(ノイズ)。ということで、まずは低感度と高感度のノイズの差を実験しました

ざらざらノイズ実験

低感度

高感度

どうでしょ?正直、ブログに載せる分には大差ないですよね…この写真を大きく引き伸ばしたり、トリミングして使う時には影響あるはず?。ということで、一部を切り取り伸ばしてみました。

うん、こうやって比較すると違いが出ますよね。画質が滑らかなのはISO200というのは間違いないようです

※低感度でも『拡張ISO感度』はノイズが出ます

感度の調節はノイズの増減も意識するけど、残りの2つ(F値とSS)を変えたい時に使うことが多いかもしれません。

いくつか例を挙げて説明してみます

高感度にすればF値を大きくできる(ボケ味減)

例えば数人を撮る時、全員にピントが合わなくて困ったことはありませんか?これはボケ味が邪魔をしているんですよね。

このように↓F値が小さいとピントの合う部分が少ないので手前にいるえびふらいちゃんにはピントが合っていません。敢えてボケ味を楽しむときはいいのですが、こんな時はF値を大きくしてピントが合う部分を広げたい

じゃあ、F値を大きくしてボケ味を減らそうとするとどうなるか?

低感度のままF値を大きくするとブレる

こうなります↓ブレブレ

SSが遅くなるためです。

F値を大きくするとレンズの穴は小さくなるし、感度は鈍いままだとSSをゆっくりにしてたくさん光を取り込むしかないですもんね

ココが高感度の出番です!

高感度にすればSSを速くできる

では、さっきのを高感度で撮ってみると…

感度を上げることで、ボケもブレも軽減できましたよね!

これでもまだSSは遅めなので、少しブレてるけどそこはお愛嬌で。2秒で撮ったときよりずいぶん軽減されたから実験は成功!

めぐちん
めぐちん
同じ光の量(露出)でも、F値・SS・ISO感度の組み合わせはいろいろあるんだね。
カメラちん
カメラちん
ボケとブレを操るにもISOは強い味方だってことなんだね。

さいごに用語4つのまとめ

露出(カメラに取り込む光の量)を増減させる手段として3つの方法があること。そしてこの3つの何を調節するかによって写り方にも変化があるということを学びました。

もう一度、要点をまとめると…

要点
  1. 露出=光の量→写真の明るさ
  2. F値=光を通す穴の大きさ→ボケ味が変化
  3. シャッタースピード=光を当てる時間→ブレが変化
  4. ISO感度=光を感じる度合い→ノイズが変化

『レンズの穴を大きくして、SSを速くした時』『レンズの穴を小さくしてSSをゆっくりした時』同じ光の量を取り込んでも出来上がった写真は別物。写真を撮る時はメカニズムは忘れて、『明るさ、ボケ、ブレ、ノイズ』これを調節するつもりで設定するといいかもしれませんね。

みなさんも、自分の撮りたいイメージに合わせてカメラをコントロールしてみてくださいね〜

次回のスタディシリーズは…。

露出に関わる用語シリーズはここまでです

カメラ用語①【露出(ろしゅつ)】と写真の明るさこんにちはめぐちん(@_megumimemo)です ママになってね、子供を可愛く写真に残したいと思って一眼レフを買ったけど、使い方...
カメラ用語②【F値(えふち)・絞り値(しぼりち)】と写真のボケ味こんにちは、めぐちん(@_megumimemo)です カメラの『スタディシリーズ』。カメラ用語の続きをやっていきます。前回は露出。...
カメラ用語③【シャッタースピード】と写真のブレこんにちは、めぐちん(@_megumimemo)です カメラの『スタディシリーズ』。カメラ用語の続編です。露出・F値(絞り値)まで...

まだほかにも用語はたくさんあるけどまた追々。ここまでインプットしたらとりあえずアウトプット!実際にカメラを使っていろいろ撮影してみたいなぁ

もしこんなこと知りたい!とかリクエストとかあったらコメントくださいね。では、また〜

この記事の使用カメラ